脚本を書くことで役を深め、個性的でリアリティのある演技を実現!

「俳優のためのシナリオラボ」

■こんなことを学べます

俳優の役作りと脚本を書くことには多くの共通点があります。
脚本とは魅力のあるキャラクターを創り出すことであり、それは俳優の役づくりと同じだからです。
脚本がどのように書かれているかを知ることで、役への理解を深め、その役に求められている役割をつかむことができるようになります。
演技初心者の方のみならず、演技経験のある方にもおすすめのワークショップです。
 
俳優には、脚本の内容を理解するだけでなく、描かれていないキャラクター設定や、つなぎのシーンを作ることを求められる機会が多くあります。
本講座では、オリジナルの短編脚本を書いたり、脚本にはないシーンを考えて書くことで、リアリティと厚みのあるキャラクターを創り出し、実際の役作りや本番の演技、即興などに活かせるようになります。
 
書いた脚本は、実際に作者自身に演じてもらうことで、演技に取り入れる方法を実践します。
脚本の理解を深め、作品の中で自分が求められている役割を知り、個性的でリアリティのあるキャラクターを演じるためのワークショップです。
参加者の感想はコチラ(←CLICK)

■カリキュラム

第1回:脚本の書き方
    (企画、キャラクター、書式、実習)
第2回:キャラクターを深める、作品朗読
    (人物の持つ性格や特徴を演技に変換する)
    (客観的なフィードバックを元に役を深める)
第3回:脚本にないシーンを書く
    (場面と場面の間を埋め、演じる準備をする)
第4回:実演
    (完成した脚本を実際に演じる)

■こんな方を対象としています

・16歳以上。経験不問。初心者歓迎。
・俳優、女優、声優を目指している方。
 
(※定員10名程度、先着順とさせていただきます)

■講師プロフィール

園田 新 / 映画作家
立教大学法学部国際比較法学科卒。大学在学中にニューヨークに留学し、映画づくりを学ぶ。テレビ番組のディレクターを経て、2007年、脚本、監督から配給、宣伝まで自らトータルプロデュースした初長編作品「Wiz/Out」が渋谷ユーロスペースにて公開、スマッシュヒットを記録。D-MAP2009の監督に選出され、2010年、長編映画「ネムリバ」が劇場公開。函館港イルミナシオン映画祭・シナリオ大賞にて自身の長編映画用脚本が2作品連続受賞。(2009年「記憶代理人」審査員奨励賞、2011年「リアルファミリー」グランプリ受賞)2013年、釜山国際映画祭が主催するアジアの新進映画作家支援プログラム・AFA(Asian Film Academy)の監督として選抜される。2017年、新作長編映画「リバースダイアリー」を製作。

■開催スケジュール

(全4回) ※定員に達したため締切ました
9/2(土)   午前9:00~12:00
9/9(土)   午後18:00~21:00
9/24(日) 午前9:00~12:00
9/30(土) 午前9:00~12:00
 
※次回参加希望の方はお問い合わせよりご予約ください

■開催場所

東京都品川区大井町

■参加費

1万5千円(税込)

■募集期間

(※定員に達し次第〆切)

■応募方法

「お問い合わせフォーム」(←クリック)よりお申込みください。

(※次回以降に参加希望の方は、開催が決まり次第ご案内を差し上げます)


ほかのワークショップを見る

■キャンセルにつきまして

ワークショップ開始の7日前までは、半額ご返金致します。
それを過ぎますとご返金致しかねます。
お振込手数料はお客様のご負担とさせていただきます。

NOWHERE FILMS(ノーウェアフィルム)では、映画監督のための映画製作ワークショップ「フィルムメイキングラボ」や映画俳優のための演技(演劇)ワークショップ「フィルムアクターズラボ」、「俳優のためのシナリオラボ」、「オーディションラボ」、「演技体験ラボ」を東京都内で開催しています。